初心者でも使える!仕事で役立つスペイン語フレーズ集#8 ~ 挨拶編 ¿Cómo le va? ~

 

¡Hola! 田中賢です。

¿Cómo está usted?

メキシコに赴任してすでに2年がたちました。
社会人としては、当然ですが、毎日の挨拶を欠かしたことはありません。
始めのうちは、ぎこちなかったですが、今では挨拶のときに積極的に相手のことを聞くようにしています。

挨拶がうまくできるようになると、その後の仕事の会話もスムーズに進んでいきます。
職場の人間関係を良好にするためにも大切ですね!

今回は、挨拶編のフレーズの3回目として相手の調子を聞く挨拶をご紹介します。
前回の健康の様子を聞くのと、ほぼ同様な状況の時もありますが、
体調だけでなく、調子全般を聞く場合もあります。
ここで紹介する「調子を聞く挨拶」のフレーズを学んで、気楽に職場の同僚や友人、知人に対して使ってください!

調子を聞く挨拶で使えるスペイン語フレーズ

本日覚えてもらいたいフレーズはこちら!
(忙しい人はこのフレーズだけ覚えてください!)

1.¿Cómo le va?(コモ レ バ.=調子はどうですか?)

2.¿Cómo anda?  (コモ アンダ.=調子はいいですか?)

3.¿Todo bien?(トド ビエン.=すべて順調ですか?)

 

「¿Cómo le va?」で、相手の調子を聞いてみよう!☆

相手の調子を聞くときには、

¿Cómo le va?  (コモ レ バ.=調子はどうですか?)

を使用します。

調子を聞くといっても、体調を聞いている場合も多いので、
その場合には、「元気ですか?」とほぼ同じ意味になります。
短くて簡単なフレーズですが、よく使用しますので、これも絶対に覚えてください。

返事としては、体調を答える場合には、前回の「健康状態のやりとり」と同様で、
たとえば、体調がよい場合には、

Estoy muy bien. (エストイ ムイ ビエン.=私は、とても良好です。)

体調がよくない場合には

Estoy mal. (エストイ マロ.=私は、体調がよくありません。)

などとなります。

 

また、どちらとも言えない場合には、

Más o menos. (マソ オ メノス)

Regular. (レグラル)

Nada especial.(ナダ エスペシアル)

などと答えることができます。

調子がよくない場合の返答は、具体的に、よくない状態を説明することになります。
親しい間柄では、毎日のように使って、良好な人間関係を作って下さい。

「¿Cómo anda? 」でも、相手の調子を聞ける!☆

Andar は、「歩く。物事が進む。」というのが直接的な意味です。

したがって、

¿Cómo anda? (コモ アンダ)

の意味は、「どんな具合に歩いていますか?」「どんな具合に物事が進んでいますか?」
となり、意訳で、「調子はいいですか?」となります。
その意味では、基本的に¿Cómo le va? と同様な意味になります。

ただ、使用できる状況で、少し注意が必要です。

一番、大きな違いは、

¿Cómo le va?  <初めての人でも使用可能

¿Cómo anda?  <親しい間柄でのみ使用(初めての人には使わない)

となります。

体調を聞く場合もありますが、仕事の具合がどうかなどを聞いている場合もあります。
親しい間柄では、仕事の調子を聞く場合にも使ってみてください!

物事全般がうまくいっているかを「¿Todo bien?」で、確認!

¿Todo bien?  (トド ビエン.=すべて順調ですか?)

と質問されて、返答に困ったことはありませんか?

Sí, todo bien. (はい。すべて順調です。)

と、さらっと返事ができる場合には、問題ないですね。

ただ90%は順調だけど、残りの10%に問題があるような状況などでは、
表現が難しくなり、正確に表現ができないため仕方なく

Sí, todo bien.

と返答してしまったことがありませんか?
100%は順調でない場合、具体的にその状況を説明して返答してください。
たとえば、レストランでウエイターが料理の状況や何か不足しているもの(調味料など)はないかとよく質問をしてきます。
私の場合には、コショウがほしい場合が多いので遠慮なくお願いしていますよ!
会話例があるので、みてください!

Mesero: ¿Todo bien?
Ken: La Comida está cocinado muy bien. Pero necesito pimienta.
Mesero: Con mucho gusto. Traigo ahora.

———————————————————————-

ウエイター:調子(料理の具合)はどうですか?
ケン: 料理は、とてもよい具合に調理されています。ただ、コショウが必要です。
ウエイター:よろこんで。ただいま、お持ちいたします。

このようなやりとりをして、必要なことや不足していることを説明しています。

口の中が料理でいっぱいの時に質問するウエイターがいて、
「様子を見てから、質問してよ!返事できないじゃないか…」
困ったときもありましたが。

*ケンのワンポイントアドバイス!*

¿Todo bien?  (すべて順調ですか?)

は、状況によっては機械的な軽い挨拶で、返事を必ずしも期待していない場合もあります。

状況が悪そうなときには、決して使用されないので、

¿Todo mal?  (すべて不調ですか?)

と質問することは、絶対にありません。ご注意ください。

 

相手の調子を聞く場面での挨拶フレーズを使ったダイアログをみてみよう!

今回、調子を聞く場面での挨拶フレーズを使ったダイアログを見てみましょう!
同僚カルメン、ホルヘ、ルイスと私(賢)との挨拶の対話です。

 

*調子を聞く場面でのでの挨拶フレーズを使った会話*

Carmen: ¿Cómo le va, Ken?
Ken: Estoy muy bien, gracias. ¿Y usted?
Carmen: Yo también. Gracias

—————————————————————-

Ken: ¿Cómo anda, Sr. Jorge?
Jorge: ¡Como siempre!

—————————————————————-

Ken: ¿Todo bien, Luis?
Luis: Estoy nervioso. Porque tengo que presentar mi informe hoy.
Ken: Buena suerte

 

*会話の日本語訳*

カルメン:調子はどうですか?ケン。
ケン:  とても順調です。ありがとう。あなたは?
カルメン:私もです。ありがとうございます。

—————————————————————-

ケン:  調子はどうですか?ホルヘさん。
ホルヘ: いつも通りです。

—————————————————————-

ケン:  すべては順調ですか、ルイス?
ルイス: 神経質になっています。今日、報告書を提出しないといけないので。
ケン:  幸運を祈っています。

 

さいごに

今回の相手の調子を聞く挨拶フレーズはいかがでしたでしょうか?

本日のフレーズで、是非相手の調子を聞いてみて、職場での良好な人間関係の維持や
仕事の会話をスタートしてみてください!

次回は、挨拶に関連したテーマとして、
久しぶりに会った時の挨拶」のためのフレーズをご紹介します!
ぜひ、お楽しみに!


【スパニッシモで赴任前・赴任中のスペイン語学習をしませんか?今なら1回50分の無料体験授業ができます!】

賢さん、ありがとうございました!

相手の調子を聞くなどの挨拶では、1人では、実際には練習することはできません。

また、実際にスムーズに使えるようになるには、頭で理解するだけでなく、やはり実践的な練習が必要です!

 

幸い賢さんには身近にネイティブの人がいて、毎日練習できる環境がありました。

しかし、実際には、なかなかそんな状況を見つけるのは難しいかと思います。

 

スパニッシモなら、日本にいても、Skypeを使ってスペイン語圏にいるのと同じように、ネイティブの講師と会話練習ができます。

ぜひ、今回覚えた相手の調子を聞く挨拶フレーズも、スパニッシモの授業で実践してみてください!

今なら1回50分の無料体験授業が可能です!登録は以下から!

いきなり無料体験はハードルが高い!という方はまずは日本人スタッフと

相談してみてはいかがですか?

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください