初心者でも使える!仕事で役立つスペイン語フレーズ集#9 ~挨拶編  ¡Tanto tiempo!~

¡Hola! 田中賢です。

¿Cómo está usted?

親しくなった友人と久しぶりに会えた時は、とてもうれしいものです。

海外出張として海外からくる同僚を相手にしていると、
1年などの期間を空けて会う方も多いです。
そんなときに、再会を嬉しく思うフレーズをすらっと言えたらいいですよね!

そこで今回挨拶編のフレーズの4回目として友人、知人に久しぶりに会った時の挨拶のフレーズをご紹介します!
ここで紹介するフレーズを学んで、久しぶりに会う職場の同僚や友人、知人へ使ってみてください!

 

久しぶりに会った時の挨拶で使えるスペイン語フレーズ

本日覚えてもらいたいフレーズはこちら!
(忙しい人はこのフレーズだけ覚えてください!)

1.¡Tanto tiempo! (タント ティエンポ.=久しぶり。)

2.¡Cuánto tiempo sin vernos!   (クアント ティエンポ シン ベールノス.=久しぶり。)

3.¡Qué alegría verte otra vez!(ケ アレグリア ベルテ オトラ ベス.=再びきみに会えてうれしい。)

 

簡単に感情表現!「¡Tanto tiempo!」は重要☆

久しぶりに会った時の挨拶には、幾つかのフレーズがありますが、
まず一番に絶対暗記すべきなのが、こちら!

¡Tanto tiempo! (タント ティエンポ.=久しぶり。

直訳すると、「とても長い時間」となりますが、
長い期間あっていないことを表すため、「久しぶり」という意味で表現することができます。
短くて簡単なフレーズですが、とても便利なので、
ぜひ覚えて、久しぶりに会った友人や知人で、使ってみてください。

 

懐かしがる時!「¡Cuánto tiempo sin vernos! 」で会っていない期間を確認☆

「久しぶり」の別の表現のフレーズになります。

¡Cuánto tiempo sin vernos!   (クアント ティエンポ シン ベールノス.=久しぶり。)

より細かく見ていくと、

Cuánto tiempo 「どれだけの時間」

sin vernos   「お互いに会わずに」

となり、

¡Cuánto tiempo sin vernos!

は、「どれだけの時間、お互いに会っていないでしょうか。」と、
とても懐かしがる気持ちが表現していることになります。

そして、「久しぶり。」という意味として使うことができます。

この表現を短縮形にして、

¡Cuánto tiempo! 「久しぶり。」

という場合もあります。

¡Tanto tiempo! 

とは、大きな違いはなく、どちらも懐かしさを表す表現です。

また、さらに別の表現で、

Hace mucho tiempo que no le veía.
(アセ ムチョ ティエンポ ケ ノ レ ベイア.=長いことあなたと会っていませんでしたね。)

というフレーズを使うこともできます。

¡Tanto tiempo!

¡Cuánto tiempo!

との違いですが、この2つは、懐かしむ感情的な気持ちが強いです。

Hace mucho tiempo que no le veía. 

こちらは、長い期間にわたって会っていなかったことを確認する気持ちがこの表現は強いです。

しかしながら、前者2つとこの表現で、大きな意味的な違いはありません。
あまり感情的な表現をしたくない時などに、あわせて覚えて、使ってみてください!

 

うれしい気分を「¡Qué alegría verte otra vez!」で、伝える!

久しぶりに会って、うれしさを伝えるのが、

¡Qué alegría verte otra vez!  (ケ アレグリア ベールテ オトラ ベス.=再びきみに会えてうれしい。)

となります。

感情を強く表す

¡Qué ~! 

の形を使っていますので、強い感情表現です。

Qué の直後には、感情を表す形容詞がきますので、

¡Qué alegría! 

と使うと、「なんとうれしいことか!」となります。

verte otra vez 「再びきみに会う」

の部分は、うれしい理由を説明している個所になります。

この表現を使う場合には、親しい友人同士なら抱き合ったりします。

 

*ケンのワンポイントアドバイス!*

スペイン語で感嘆などの強い感情を表すときには、

¡Qué ~! を使用します。

なんと~、どれほど~」という意味になります。

いろんな感情を表すことができて、たとえば、

¡Qué bien!   (ケ ビエン.=なんと素晴らしい!)

¡Qué bonita!   (ケ ボニータ.=なんとかわいい!)

¡Qué sorpresa!   (ケ ソルプレサ.=びっくりした!)

¡Qué tristeza!   (ケ トゥリステサ.=なんと悲しいことか!)

などと使うことができます。

久しぶりに会った時の挨拶フレーズを使ったダイアログをみてみよう!

今回のダイアログでの登場人物は、
3年前にメキシコから日本に研修にきたホセ、
現在、メキシコ駐在中で、ホセが日本に来た時のホスト役の私(賢)です。

ホセとは、現在、メキシコで同僚になります。日本での経験を通じて親しい友人になりました。
そんなホセが、私(賢)と挨拶をかわす時の会話です。

 

*久しぶりに会った時の挨拶フレーズを使った会話*

José: ¡Hola! Ken. ¡Tanto tiempo!
   ¡Qué alegría verte otra vez!
Ken: ¡Hola! José. ¡Cuánto tiempo sin vernos!
Ya pasó tres años, ¿verdad?
José: Qué tal la familia en Japón.
Ken: Todos muy bien, gracias.

 

*会話の日本語訳*

ホセ: こんにちは。ケン。久しぶり。
君に、再びあえてうれしいよ。
ケン: こんにちは。ホセ。久しぶりだね。
すでに、3年経ったよね。
ホセ: 日本の家族は、元気?
ケン: みんな元気です。ありがとう。

 

さいごに

今回の友人、知人に久しぶりに会った時の挨拶フレーズはいかがでしたでしょうか?

よい意味で、感情を表現できるのは、スペイン語圏では、とても重要なので、
あなたもうれしい気持ちを、言葉だけでなく、身体全体で、表現してみて下さい。

「○〇のフレーズを実際に使ってみたら、通じました!」などのコメントをいただけたらうれしいです!

次回は、挨拶に関連したテーマとして、
別れの挨拶のためのフレーズをご紹介します!
ぜひ、お楽しみに!


【スパニッシモで赴任前・赴任中のスペイン語学習をしませんか?今なら1回50分の無料体験授業ができます!】

賢さんありがとうございました。

久しぶりに会った場面に出会ったとしても、今回のフレーズを急に思い出して、

実際に使えるかというと難しいかもしれません。

やはり日頃から、実践的な練習が必要です。

 

幸い賢さんには身近にネイティブの人がいて、毎日練習できる環境がありました。

しかし、実際には、なかなかそんな状況を見つけるのは難しいかと思います。

 

スパニッシモなら、日本にいても、Skypeを使ってスペイン語圏にいるのと同じように、ネイティブの講師と会話練習ができます。

ぜひ、今回覚えた久しぶりに会った時の挨拶の紹介フレーズも、スパニッシモの授業で実践してみてください!

今なら1回50分の無料体験授業が可能です!登録は以下から!

いきなり無料体験はハードルが高い!という方はまずは日本人スタッフと

相談してみてはいかがですか?

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください