期間30日!30代からのスペイン語留学で初心者から日常会話レベルになるか!? #7 3週目にてスペイン語力の伸びを実感!

LINEで送る
Pocket

 

Hola! みなさんこんにちは。慎之介です。

週末に他の学生達と一緒にアティトラン湖に行ってきました。

アティトランは火山に囲まれたカルデラ湖で、

世界一美しい湖の一つと言われています。

なぜ世界一なのかは不明ですが。w

それでも私にとっては世界一と言われるのも理解できるぐらい

山と湖の雄大で素晴らしいコントラストが見ることができました。

シエラの周りは他にも美しい自然がたくさんあり、

それがシエラを留学地として選んだ理由の一つでもあります。

 

そして、私は日本ではそこまでアウトドアに興味があった訳ではないのですが、

グアテマラで暇を見つけて火山や湖などに出かけているうちに、

私が実はかなり自然が好きなことに気づきました。

旅人は自分の価値観に基づいて旅先を決めると思いますが、

わたしは綺麗な町や遺跡よりも大自然を求めていることが多いです。

 

そういう自分の意外な一面に気づかせてくれるのも

日本の日常とは異なる海外の環境に身を置いているからかと思います。

 

さて、リフレッシュもできたので残り一週間!ラストスパートをかけていきます!!

 

<現在 : 3週間経過> <残り : 1週間>

 

文法

進捗

A2 Sesion 25 まで終了

-A2が完了しました。

-A2終盤から徐々に文法も難しいところが出てきています。

 

感想

風邪で1日休んだため、A2を終了させるところまででした。

具体的に再帰動詞や目的語が動詞の前に来るというルールが自分にとって英語と全く違うので苦戦しています。

文法の勉強に関し、アウトプットの重要性を再認識しています。

理解はできていますが、そこから自然にその文法を利用できるようにするために、筋トレのように反復していかないといけないと思いました。

なぜならスペイン語で会話をしている最中にだいぶ考える間ができてしまうからです。

考えないでも自然に口から出るように何度も繰り返したいと思います。

 

単語

進捗

A2 – 24までを2回づつ。

-こちらも風邪で休んだ影響で予定より遅れてしまいました。

 

感想

普段の日常会話に出てくる単語は段々と知らない単語より知っている単語の方が多くなって来た気がします。今の会話のレベルでの話ですが。。

やはり日常で使う単語や何度も耳にする単語、例えば料理や天候に関するものなどは覚えやすいです。また英語と似ている単語も多いのでそれも覚えるのは簡単ですが、全く聞いたことがないものやビジネスで使う単語などは覚えるのに時間がかかります。

なのでわたしはなるべく自分の興味ある範囲から徐々に広げていく作戦をとっています。

また、知っている単語が増えて来た事で何となく相手の言っている意味がわかったり文法がおかしくても自分の言いたいことをどうにか伝えられるようになって来ている気がします。やはり単語の勉強はとても重要だと身にしみています。

 

スピーキング

進捗

合計スピーキング時間 : 35時間

-ついに30時間を超えました。

 

感想

30時間を超えて、普段からよく口にする質問や受け答えに関しては明らかに前より言葉がスムーズにでるようになりました。

また、同じ人と毎日これだけ話続けるのもなかなか珍しい体験です。

最近では他の人だとわからないけど、先生が話せばわかると言ったスペイン語をスペイン語で通訳してもらうこともあるくらい話慣れて来ました。彼女は話に夢中になり始めるとかなり早口になるのですがwその早口になっている時でも何となく意味が掴めたりできるようになって来たのが嬉しいです。

 

まとめ

スピーキングでは先生の話していることをかなり理解できるようになりとても嬉しいです!

スペイン語の勉強は好きなので恐らくこのシエラの1ヶ月の後も続けていきたいと思います。また、このスペイン語自体を面白い、好きという感情を大事にしたいと思います。

 

【次の記事はこちら!】

 

【本連載のアーカイブ】

 

================================================================

スパニッシモってなに?
スパニッシモは、Skypeを使ってマンツーマンのスペイン語レッスンを提供しています。
1回50分のレッスンを、最安550円~提供しております。
講師はグアテマラ共和国のスペイン語講師を採用しており、
全員がスペイン語を教える資格を持っております。
今なら1回50分の無料体験授業をご受講できます!登録は以下から!

いきなり無料体験はハードルが高い!という方はまずは日本人スタッフと相談してみてはいかがですか?