ホーム タグ インターン

タグ: インターン

グアテマラでインターンをして学んだ、海外で現地の人と働く上で大切なこと

皆さんこんにちは、2017年1月から中米にあるグアテマラという国にあるNPO法人スパニッシモ・ジャパンでインターンをしている安藤聡希です。 2016年8月末にペルーに渡航して4か月間スペイン語研修を受けて、 今はスペイン語を使いながらインターンをしています。 例えば、こんな業務。 ・スパニッシモの講師の方達を交えたスペイン語での会議への出席 ・サービス改善のために、授業の状況や生徒の様子について講師の方達へインタビュー ・新しい講師が実際にスパニッシモでレッスンを行うまでの研修の一端 スペイン語が全く喋れなかった私でも、スペイン語を話せるようになると、 1メンバーとしていろいろな業務を任せてもらえます。 留学やインターンなどで海外へ行く、行きたい方達に 「思い切って休学して、留学やインターンをすれば、こんな世界が開けるよ~」 というのを知って頂きたくて、この連載を書かせてもらうことになりました。 何らかの形で参考になれば嬉しいです。 最後となる今回の記事では、インターンでの活動について。 グアテマラという発展途上国で8ヶ月間インターンをしてみての一番の「学び」についてご紹介します! 本連載記事はこちら https://spajpblog.xsrv.jp/archives/1059 https://spajpblog.xsrv.jp/archives/1157 https://spajpblog.xsrv.jp/archives/1212   ■スパニッシモについて 「学び」についてお話する前に、 僕がインターンをしているスパニッシモについて、ご紹介します。 スパニッシモは、グアテマラにあるオンラインのスペイン語レッスンを提供しているNPO法人です。 スペイン語なのになんでグアテマラ?と思うかもしれませんが、 実はグアテマラは、世界一安くスペイン語を学習できます。 世界中からスペイン語学習者が集まるのですが、その多くが旅行者です。 なので、観光シーズンと雨季などの観光客の少ないシーズンで生徒の数が大きく変わります。 季節によって生徒の数が変わるので、スペイン語の先生たちの仕事も不安定です。 3か月くらい仕事がないことも普通にあります。 きちんと職についているにもかかわらず、明日の暮らしが全く保障されていません。 そこでスパニッシモは、この「観光客に依存した」状態を変えるために、 Skypeを介したオンラインでのスペイン語のレッスンを提供することで、 安定した仕事と収入を供給しています。 日本のオンラインのスペイン語教室の中では、先生の数が一番多く、 20人以上の先生がスパニッシモの収入だけで生活することができています。   ■大学生のインターンのつもりで行ったら、1メンバーとして働いてた そんなスパニッシモで、僕は2017年1月からインターンをしています。 大学生にもかかわらず、いろいろな業務を任せて頂いたので、 どんなことをやって来たのか簡単に紹介させて下さい。 「大学生であっても、インターンで来てもらうからには、 1人のメンバーとしてスパニッシモで働いてもらう」 インターンに行く前の日本にいた頃から、 代表の有村に何度も言われていた言葉でした。 そう言われていましたが、 「大学生のインターンだし、そんな1メンバーって言うほどのことはしないだろ」 頭の中で何となくそう考えていたのですが、 完全に1メンバーとして働いていました。 ▼スパニッシモでやったこと スパニッシモでは本当にいろいろな業務を任せて頂きました。 全て書き出すと長くなるので一部紹介します。 マーケティングのプロジェクトの根幹部分を任されて、 先生たち30人くらいにインタビューをしまくったり、 スパニッシモの生徒200名くらいについてのアンケート結果をひたすらまとめて、 スパニッシモの典型的な生徒像を作ったり ホームぺージに掲載する新ページの構成からデザインまですべて任されて、 ひたすら競合他社の分析をしたり、先生たちから情報を集めたり、SEOについて勉強したり 新しいコンテンツを作るために、朝の9時から夜中の3時くらいまでひたすら分析業務をやったり。 そんな8か月間でした。 いろいろな業務を任せてもらえましたが 「ホウレンソウ」のホの字も知らなかった少年のような僕が、 いきなり1メンバーとして働いたので簡単なはずがありません。 ▼こんな失敗と成功がありました 企画の提案をするために、社員全員の時間と場所を抑えたのに、 当日にプレゼン資料が何もできていなかったり ホームページ作成に必要な情報をグアテマラ人の先生に集めてもらったら、 僕の伝え方が悪くてぜんぜん違う内容のワード10ページ分くらいの資料を用意されたり マーケティングのプロジェクトで必要な生徒へのインタビュー依頼のメールを、 全然関係ない人150人くらいに送っちゃったり それはそれはたくさん失敗をしました。 アルバイトしか働いたことがない状態だったので、 インターンでも1メンバーとして働くのはなかなか大変です。 それでも、うまくいったこともありました。 毎日13時間くらいかけて分析をして、新しい企画の提案をしたら、 1大学生の意見にも拘わらず聞き入れてくれたり スペイン語学習方法のブログを掲載したら、 スパニッシモの生徒さんから「参考にしています」とか 「役に立ちました」という嬉しいご意見を頂けたり 新しい先生の研修では、 4か月間計820時間くらいのスペイン語学習の成果を存分に発揮して、 先生にしっかりフィードバックを出したり 失敗した分だけ学んだこともありました。   ■スパニッシモのインターンでの一番の「学び」 このインターンで学んだことは、本当にたくさんありました。 1記事では伝えきれないくらいたくさんあるので、 この記事では「インターンをしてよかった!」と思えた1番の「学び」をご紹介します。 8ヶ月間グアテマラに住んで、スパニッシモでインターンとしてグアテマラ人と働いてみて、 現地の人達と働く上で一番大事なのは、 彼らとしっかり「向き合う」ことだと思いました。 (もちろん、そのために言語もだいじでした。) 僕自身、 グアテマラでインターンをする前は 「発展途上国で現地の人と働くことってめちゃくちゃすごいこと、 なんだか特別な知識とかスキルとかがたくさんないといけない」と思っていました。 (それを学ぶこともインターンの目的でした) たしかに、グアテマラ人は文化や習慣、考え方も言葉も全然違う人たちです。 しかし、やっぱり同じ人間です。   頼んだ仕事を何回もリマインドしても期日通りにやってくれなかったり、 ミスコンに出たいという理由で急に仕事を休むとか言い出したり、 容赦なく給料上げろと文句を言ったりと、 日本人の僕にはびっくりなことがたくさんあります。 しかし、 「彼らがどんなことを考えていて、何をしたい・してほしいか」を知る。 それに対して「こちらは何を求めていて、何をしたい・してほしいか」を ちゃんと伝えることが大事だと今は思います。 そう感じたのは、インターンの業務で新しい先生の研修をしていた時のことです。 「スパニッシモの先生として、しっかり日本人の生徒の前に出ても大丈夫なのか」という最終段階として、レッスン内容のチェックを担当していました。 レッスンを受講して、その後フィードバックをします。 だめなら何回でもやり直しです。 「俺は金がなくて困ってるんだよ!早く働かせてくれよ!」 「何でダメなんだよ?もう何回も研修しているじゃないか!」 その業務で、ある新しい先生にフィードバックをしていた時に言われた言葉です。 通常は1週間ほどで終わるのですが、 何回も同じことでつまづき、アドバイスをしてもなかなか聞き入れてくれず、 結局また同じことで間違え、研修をやり直すという状態が3週間くらい続いていました。 僕はこの時「どこをどう改善するべきなのか?」しか伝えていませんでした。 そもそもこの研修が 「スパニッシモの講師として、生徒へ満足をしてもらえるレッスンを提供することができるか」 をしっかりと確認するための研修だということを意識せず、 とにかく回数をこなせばなんとかなると思っている彼に対して、 研修の目的や達成していきたいことを毎回確認もせずに、 改善点だけを伝えても聞き入れてもらえるはずがありません。 「やることやってないくせに金がないから早く働きたい?ふざけんな」 僕もこのような気持ちを持って、研修をしていた部分がありました。 でも、なんども同じ間違えをして、研修をやり直していくうちに、 「彼がなぜ、アドバイスをしても聞き入れてくれないのか?」と疑問に思い、 立ち返って考えてみた時に、やっと気づきました。 目的を見失って、今すぐに仕事を始めたい彼に対して、 できていないポイントを挙げて否定して、 頭ごなしに改善点ばかりを話している自分の話を聞いてくれるわけがありません。 僕は先生の気持ちを考えず、 自分の意見ばかり言って一方通行なコミュニケーションしかできていませんでした。 つまりは、ちゃんとその先生と向き合うことができていなかったんです。 なので、次の研修をする前に 「もう一度この研修をやる意味はなにか?」というところから説明してみました。 「お金がないのはわかったけど、改善点を直さないと、 生徒さんに満足してもらえることができない状態でレッスンをしてしまうかもしれない。 だからこれだけ何度も研修をやっている。 生徒さんに楽しんでもらえるレッスンができたほうがあなたも楽しいと思うよ」 そう伝えました。1度言っただけで理解してくれないので、 根気強く2時間くらいわかってくれるまでこのような話をしたと思います。 すると、彼は僕の気持ちが伝わったのか、 話を理解をしてくれるようになり、次の研修ではしっかりと改善してきてくれたんです! そうして、彼は生徒が楽しくなるような素晴らしいレッスンをできるようになっていきました。 グアテマラ人と日本人では、文化や習慣、考え方や言葉など全然違うので、 一緒に働いているとびっくりすることもあります。 それでも、やっぱり同じ人間です。 相手の言葉に耳を傾け、それに答える。ダメなことは、なぜダメなのかしっかり伝える。 人ときちんと「向き合う」という当たり前のことですが、とても大事なんだと実感しました。 ちなみに、僕はグアテマラ人がすごく好きです。 やさしくて親切な人が多いです。いつも楽しそうで、笑うのが上手な人達です。   ■最後に 全4回にわたって、僕の「トビタテ!」での留学についてご紹介してきました。 最後までお読みいただきありがとうございました! 海外に1人で渡航して生活するというのは、大変なこともたくさんありますが、 楽しいこと、学べることもたくさんあります。 ぜひ、一歩踏み出してまだ見ぬ世界に飛び出してみて下さい! スパニッシモってなに? スパニッシモは、Skypeを使ってマンツーマンのスペイン語レッスンを提供しています。 1回50分のレッスンを、最安550円~提供しております。 講師はグアテマラ共和国のスペイン語講師を採用しており、 全員がスペイン語を教える資格を持っております。 今なら1回50分の無料体験授業をご受講できます!登録は以下から! いきなり無料体験はハードルが高い!という方はまずは日本人スタッフと相談してみてはいかがですか?

留学・インターンの最大の問題「時間・費用・言葉」ー時間編

初めまして。過去のスペイン語学習関連の記事を読んで頂いていた方、お久しぶりです。 2017年1月からグアテマラという中米の国にあるNPO法人スパニッシモ・ジャパンで インターンをしている安藤聡希です。 この連載では、 スペイン語が全く喋れず、 スポーツジムと居酒屋さんのアルバイト以外に働いたことがなかった僕が、 ラテンアメリカへの情熱だけで、 官民協働海外留学プログラム「トビタテ!留学JAPAN」という留学制度に合格し、 南米ペルー共和国と中米グアテマラ共和国でインターンをするまでに ぶつかった壁やそれをどう乗り越えたのかなど紹介しています。 2016年8月末にペルーに渡航して4か月間スペイン語研修を受けて、 今はスペイン語を使いながらインターンをしています。 例えば、こんな業務。 ・スパニッシモの講師の方達を交えたスペイン語での会議への出席 ・サービス改善のために、授業の状況や生徒の様子について講師の方達へインタビュー ・新しい講師が実際にスパニッシモでレッスンを行うまでの研修の一旦 スペイン語が全く喋れなかった私でも、スペイン語を話せるようになると、1メンバーとしていろいろな業務を任せてもらえます。 グアテマラについた最初の月の僕の任務は、 スパニッシモの先生約40人全員を知ること。 そのために、50分間のレッスンという名の面談をひたすらやりました。 相手の言語で話すと、50分でもものすごい情報が伝わってきます。 ここでの話は、後述します。 最初の概要に戻りますと、僕の留学計画はこんな感じです。 留学やインターンなどで海外へ行く、行きたい方達に 「思い切って休学して、留学やインターンをすれば、こんな世界が開けるよ~」 というのを知って頂きたくて、この連載を書かせてもらうことになりました。 何らかの形で参考になれば嬉しいです。 今回の記事は、留学に行く前の話。 留学に行くまでに直面する問題の、僕なりの解決方法についてご紹介していきます。 僕の場合は、「費用」「時間」「言葉」の3つが問題でした。 この3つの問題をクリアできれば、留学や海外インターンはできると思っています。 スペイン語が公用語のグアテマラに行こうとしていたのに、全くスペイン語が喋れない。 貯金もほぼゼロ。 1年間留学するのに休学する必要がありましたが、 一度休学したことがあったので6回生になることを覚悟しなければなりませんでした。 そんな3つの問題をどう解決したのか、全3回にわたってご紹介します。 本連載記事はこちら https://spajpblog.xsrv.jp/archives/1059 https://spajpblog.xsrv.jp/archives/1157 https://spajpblog.xsrv.jp/archives/1212 ■休学に対するネガティブなイメージをポジティブにしてくれた、20歳の時の世界一周 長期間で留学やインターンをするには時間が必要だと思いますが、 その時間を作るには「休学」するしかないと思います。 あなたは「休学すること」にどんなイメージを持ってますか? 「周りの人より遅れて卒業して、就職したら年下の人達と同期になるなんて~」と ちょっとネガティブなイメージを持っていませんか? 休学にネガティブなイメージがあって、まとまった時間を作れないのが、 留学やインターンに行くのを妨げる1つの原因なのではないかと思います。 そんな方に言いたいことがあります。 「思ってるほど大したことない。その分頑張ればいいから、休学届け出しておいで」 僕はこれまでに2回休学しています。 もう休学届を書くエキスパートです。大学6回生で卒業することになります。 6年かけて卒業とか小学校ですね。 初めての休学をしたのは20歳、2年生の時。やっぱり躊躇しました。 「卒業するの23歳じゃん!学部生なのに大学院生とほぼタメかよ!」ってめっちゃ思いました。 しかし、今回インターンをするために2度目の休学は2回目。前回の休学の経験を踏まえて 「休学中頑張れば、1~2年の遅れなんて大したことない!自分の道を突き進もう!」と思っていました。 そう考え方が変わったきっかけは、20歳の時に休学して行った世界一周。 そこでいろいろなぶっとんだ人と交流したからです。 この世界一周が初めての海外でした。 横浜に住んでいるので、目の前に海があって、 フェリーでいつでも中国あたりに安く行くことができたのですが、 「横浜こそが世界の中心である。一生横浜に住もう」 それが高校生の時の僕の考えでした。 家の近くでラーメン屋さんをやろうと思ったこともあります。 横浜駅西口のラウンドワンでよく遊んでいました。 大人ぶりたいときだけみなとみらいに行っていました。 横浜さいこうだな~と思って生きてきた「浜っ子」だったので、 横浜からもほとんど出たことがありませんでした。※生まれは岩手です。 そんな「井の中の蛙、大海を知らず」的な少年でしたが、 受験生の時に世界史の資料集の世界遺産の写真を眺めているうちに 「こんなところ行ってみたいな~」と思うように。 ということで、無事大学に入学した後、 資料集に載ってそうなところに行くために、世界一周をすることにしました。 この世界一周で感じたことは、 「世界は広い。そしてこの広い世界には本当にいろいろな人がいる。 自分がほとんど出たことなかった横浜は、世界の中心じゃなかった!」ということでした。 21世紀になっても、電気も水道もガスもないようなジャングルの奥地で 楽しく暮らしている人達がいるんですね。 カンボジアには、 地雷で両足を失い、物乞いをしながらも英語教室の壁穴から授業を盗み聞きして英語をマスターし、 地雷被害者を支援する国際NGOを設立したバイタリティ半端ないおじさんがいたり ニカラグアには、 独裁政権を倒すために、自分で掘った地下の洞窟でレジスタンスを結成して革命を起こして、 最終的に大統領になったチェ・ゲバラみたいなおじさんがいたり スリランカには、 自分の国にあまりにも孤児がたくさんいたので、 弁護士というキャリアを捨てて尼さんになって、孤児を保護するお寺を作った、 瀬智内寂聴さんもびっくりのおばあさんがいたり 世界には本当にいろんな人がいます。 目的のために、自分で道を作って突き進んでる人たちにたくさん出会ううちに 「こんなぶっとんだ人生を送れたらかっこいいだろうな~」 そう思うようになりました。 「大学を卒業したら、新卒で日本の企業に就職して、28歳くらいで結婚して、 30歳くらいで子供ができる」みたいな、当時の僕の中の常識をぶっ壊してくれました。 世界一周したら、彼らのように自分で道を作って突き進んでみたくなりました。 目的のために、前だけ見つめて突っ走っている人って周りにいませんか? 前だけ見つめてたらレール外れちゃったけど、それでも構わず突き進む感じの。 そんな人ってかっこいいと思いませんか? 僕は最高にかっこいいと思います。 そんな人を認めて、応援くれる人もたくさんいると思います。 そんなわけで、2回目に休学をするときは 「自分の道を突き進むためなら休学してもいいや!」とあっさり決断することができました。 留学やインターンをするのであれば、目的がありますよね。 ならば、そんなにシビアに考えず、 行きたいと思ったら休学して時間を作って行ってきちゃえばいいと思います。 スパニッシモってなに? スパニッシモは、Skypeを使ってマンツーマンのスペイン語レッスンを提供しています。 1回50分のレッスンを、最安550円~提供しております。 講師はグアテマラ共和国のスペイン語講師を採用しており、 全員がスペイン語を教える資格を持っております。 今なら1回50分の無料体験授業をご受講できます!登録は以下から! いきなり無料体験はハードルが高い!という方はまずは日本人スタッフと相談してみてはいかがですか?

おすすめ記事