1.情報入力
2.メール認証
3.完了!

アカウントを作成して、今スグ無料体験を始めましょう!

  • 必須 メールアドレス
    (半角英数)
  • 必須 タイムゾーン

特定非営利活動法人SPANISIMO JAPAN、以下、「甲」といいます。)は、甲が運営する「SPANISIMO」上で提供する全てのサービスを、サービス申込み希望者および利用者(以下、乙とよぶ)が利用することに 関して以下の利用規約を定め、乙はサービスの利用をもって利用規約を了承したものとみなします。

(利用規約の範囲)
第1条
利用規約の範囲は当ウェブページに規定するものに加え、甲が乙に対して電子メール等で発信する情報、また、サービス向上及び拡販を目的とした利用者への取材活動も含めます。

(サービスへの登録)
第2条
乙は甲が定める手続きに従って、サービスの登録をします。 乙はサービスの登録にあたって、下記の事項を確認し、了承したものとします。
1.利用規約を熟読し、その内容を承諾した上で、サービスに登録すること。
2.スカイプをインストールすること。
3.氏名、電子メールアドレス、パスワードその他の項目を真実かつ正確な情報を登録すること。また登録時に設定したこれらの情報を乙の責任で厳重に保管すること。
4.通信環境が当サービスの利用に支障がないことを確認すること。
5.乙が未成年の場合は親権者等法定代理人の同意を得ること。
6.甲が定める決済方法により利用料金を支払うこと。
7.Paypalより支払が完了できなかった旨の連絡が届いた場合、乙は自らPaypalマイページより自ら遅滞なく支払を再開させること。(甲からの催告はPaypalから乙に対する支払未済のメール連絡を以て代えることが出来る。)
8.その他利用規約上の記載に留まらず、マイページを含む甲WEBサイト上の記載された手順・規約を乙は遵守するものとする。

(禁止行為)
第3条
乙がサービスの利用に際して以下に定める行為を行った場合、甲は登録取消、損害賠償請求、その他法的処置をとります。
1.乙がサービスを利用する権利を他者に譲渡、使用、売買、名義変更、すること。
2.甲の名誉、信用、を侵害すること。
3.違法行為、公序良俗に反する行為。
4.サービスの運用を妨げる行為。
5.犯罪行為および犯罪行為に結びつく行為。
6.講師への嫌がらせや、不良行為、レッスンの進行を妨げる等のハラスメント行為。なお、ハラスメント行為の認定は、事実確認(双方からの事情聴取)を行った上で、甲の判断により行います。
7.講師の雇用条件やコールセンターの場所、インターネット回線など甲の一般的に開示していない機密情報を詮索する行為。
8.電子メールの送受信を含め、オンライン、オフラインを問わず、本人またはその代理人が講師と個人的に接触しようとする行為。
9.講師に甲の競合たりうるサービス・企業での勤務を勧誘する行為。
10.ひとつのアカウントを複数のユーザーで利用する行為。
11.複数のアカウントを所持し、一方のアカウントにてレッスンを予約し、キャンセルしたレッスンを、直後に別アカウントにて予約を行い、レッスンを受講する、という行為。
12.事前に支払を行っていないにも関わらず、レッスンを受講する行為。
13.甲により支払を催告されているにも関わらず、徒に支払を怠る行為。 (なお、支払期限を2週間(14日)経過してもお支払頂けない場合、予約キャンセル、レッスン残回数の解消、登録取り消し、また、損害賠償請求、その他法的措置を採らせて頂くことも御座います。)
14.その他、甲が不適当と判断する行為。

(登録の不承認・取消し)
第4条
甲は下記に定める事由に該当する場合、乙の登録を不承認、もしくは取消すことができます。また、支払いを済ませた金額は一切返金しないこととします。
1.乙が実在しない場合。
2.乙が申し込みの際、虚偽、誤記または記入漏れをした場合。
3.乙が既に別アカウントとして甲サービスに登録している場合。
4.乙が過去に甲により登録の承認を取り消されている場合。
5.乙に代金の支払い能力がない場合。
6.乙が過去に代金の支払いを怠っていた場合。
7.その他の事由で甲が乙による本サービスの利用を不適切と判断した場合。

(利用規約の変更)
第5条
甲は乙の了承を得ることなく利用規約を変更することができるものとします。 変更後の利用規約はウェブ上に表示した時点で効力を生じるものとし、乙はその効力を予め了承するものとします。

(登録情報の変更)
第6条
乙は甲に届けた登録情報の内容に変更があった場合、遅滞なく登録情報の変更手続きをするものとします。 甲は乙が登録情報の変更を怠ったことにより生じた乙の不利益、その他の負担に関して一切責任を負わないものとします。

(登録情報の取り扱い)
第7条
1項
甲は乙の登録情報を甲が別途規定するプライバシーポリシーに則って管理します。以下に定める場合につき、乙の登録情報を第三者に提供・開示する場合があります。
1.乙の同意が得られた場合
2.法令に基づき公的機関により甲が開示を求められた場合
3.アルファベット表記で登録されたニックネームを当サービスの予約ページ等に掲載 する場合
4.その他別途甲が定める個人情報の同意書に記載ある事項に関する場合

2項
乙は登録した情報を厳重に管理・保管します。乙による登録情報の失念、消失および登録情報の管理の不徹底による損害の責任は乙が負うものとし、甲は一切の責任を負いません。 また乙は自己の登録情報が他者によって不正利用されていることを知った場合、ただちに甲にその旨を連絡し、甲の指示に従うものとします。

(休会・退会)
第8条
1項 退会(解約)
1.乙は退会手続きをマイページに表示される「休会/退会お手続き」のリンクから誘導されるページにて手続きを済ませることによって、行うことができます。
退会手続により翌プランから継続購入を中止されたい場合、当月プラン末日の7日前までに退会のご申請が必要となります。
退会手続きは甲からの「退会手続き完了」のメール が受信された段階で成立となります。メールが届かない場合はお問い合わせ よりご連絡お願いします。
乙は退会により、サービスの一切の権利を失うものとし、甲に対して何らの請求をすることができないものとします。
2.退会後、再度サービスの登録を希望する際は、再度登録手続きを行う必要があります。(新規登録を再度行う手続きとなります。)
3.退会された場合、乙の一切の個人情報は削除され、授業内容や講師のやり取りも一切削除されます。削除を望まない場合は次項休会手続きを行ってください。
4.退会手続に関する諸規定は、退会手続を行う甲登録フォームの規定も考慮するものとします。ご登録後、必ず甲フォーム規定(http://spani-simo.com/mypage/quit_form) もご参照下さい。

2項 休会
1.乙は休会手続きを、マイページに表示される「休会手続き」のリンクから誘導されるページにて手続きを済ませることによって、行うことができます。
休会手続により翌プランから継続購入を中止されたい場合、当月プラン末日の7日前までに休会のご申請が必要となります。
休会手続きは甲からの「休会手続き完了」のメールが受信された段階で成立となります。メールが届かない場合はお問い合わせよりご連絡お願いします。
2.休会手続きをされると30日毎の定期購入 は停止となりますが、甲からのサービスに関わるご連絡やキャンペーン情報やアンケートのお願いを含む販促のご連絡をさせて頂くことは御座います。
3.休会手続に関する諸規定は、休会手続を行う甲フォーム の規定も考慮するものとします。ご登録後、必ず甲フォーム規定(http://spani-simo.com/mypage/quit_form )もご参照下さい。

(サービス規定)
第9条
乙は、次の各サービス規定にあらかじめ同意し、従うものとします。
1項 支払
乙は甲が定める利用料金を以下の方法で支払うことでサービスを利用することができます。
1.1ヶ月分(日数換算で30日分とします)の利用料金をPaypalにより支払う。

2項 継続購入
1.乙が前項1号による支払いを行った後、サービス利用を前条に定める休会手続き若しくは退会手続きを行わない場合は、 サービスの利用を継続する意思があるものとみなし、支払日から30日後に同プランを継続的に購入するものとします。

3項 プラン変更
乙が購入するプランを変更する場合は、当月プラン末日の7日前迄に変更手続きを下記方法により完了した場合に、翌月プラン分からの変更が可能です。
マイページにログイン後、「プラン購入/変更」ページよりご希望のコースを選択し、購入手続きを行うことで手続きが完了致します。
当月プラン末日の7日前迄に手続き完了した場合は翌月プランより、当月プラン末日の7日前を越えて手続き完了した場合は翌々月プランよりプラン変更をすることができます。

4項 利用料金若しくはレッスンの返還
本条第2項の規定にかかわらず、下記の場合は利用料金返還期間として利用料金を下記のように返金いたします。
1.乙がサービスの利用料金を本条1項に定める方法にて支払った後、甲が電子メールにて乙の支払いを確認した旨を連絡した日付から起算して8日以内に前条の定めにより休会及び退会の意思表示を行い、 かつ、返金依頼の意思表示を行った場合は、 利用料金から返金手数料壱千円を差し引いた金額を返金いたします。但し、第4条3に該当する場合は、2つ目以降のアカウントについては8日以内に解約されても課金します。
2.上記返金に該当する場合、当該支払に応じて受けたキャンペーンや特典は返却、若しくは取り消しとなります。
3.前号に該当し、甲が乙に返金義務を負う場合、甲は乙の返金請求に基づいて遅滞なく乙のPaypalアカウントへ返金送金するものと致します。
4.乙のPaypalアカウントへの返金を試みた場合で、乙のPaypalアカウントがPaypal側より認証されていない場合は、乙のPaypalアカウントに返金することができないため、甲乙協議により、乙の銀行口座へ返金する場合がございます。(乙の銀行口座へ返金する場合、返金手数料は乙負担。)
5.その他の乙からの問い合わせにより、甲が返金に応じる場合は、甲乙協議の上決まった金額を、乙のPaypalアカウント若しくは乙の銀行口座へ返金いたします。(銀行口座へ返金する場合は、返金手数料は乙負担。)

5項
甲は、乙への一貫性のあるサービスを提供するため、個人情報を含む、レッスンで得られた情報を記録します。

6項
甲は、円滑なサービス提供のため、提供するサービスの録画を行うことがあります。 乙は自身が参加するレッスンを、甲によって録画されている可能性があることに予め同意し了承するものとします。

7項
乙は、レッスンの予約後当該レッスンをキャンセルする場合は、当該レッスンの開始時刻10時間前に所定の手続きによりキャンセルを完了させる必要があります。 レッスン開始時刻の10時間前に所定の手続きによるキャンセルを完了されなかった場合、その後キャンセルされたとしてもレッスンポイントは消費されます。

8項
甲は、乙が予約したレッスンに対して、やむを得ない事由により担当講師によるレッスンの実施ができない場合、別の講師によるレッスンの実施(以下「代講」という)または当該レッスンのキャンセルを行うことができるものとします。 5項

(サービスの提供期間)
第10条
1項
乙は利用規約にもとづき乙のサービスの登録を甲が承諾した日よりサービスを利用することができます。

2項
乙は利用規約第4条または第8条の定めによりサービスの利用が停止されます。ただし第4条の事由によるサービス停止の場合は甲が乙にサービスの停止を通知した時点でサービスの停止日とし、 第8条の事由によるサービスの停止の場合は乙が退会を通知した日を含む有効期限(登録した日もしくは更新日を含む30日間)の最終日をサービスの停止日とします。

(サービスの中断・終了)
第11条
甲はサービスの中断もしくは終了を事前もしくは事後にウェブサイトもしくは 電子メールでの通知をもって行います。スカイプの障害、国内外の政治情勢・自然災害等甲の責任によらない事由で当サービスの提供が困難な場合は サービスを中断できるものとします。 尚、甲は乙の都合によるサービスの中断、終了に関し、いかなる理由があろうとも返金は致しません。

(情報配信)
第12条
甲は乙に対して電子メールによる通知、広告、アンケート等を実施できるものとします。

(スカイプの利用)
第13条
甲はスカイプを用いてサービスの提供を行います。 スカイプの利用に際し、乙は下記の内容について同意したものといたします。
1.乙は通話ソフトウェアの機能及びその利用規約についてスカイプの規定するそれに従う事とします。
2.サービスの利用前までに通話ソフトウェアをダウンロードし、その機能を確認することは乙の責任とします。
3.乙による通話ソフトウェア及びその利用に必要なハードウェアの故障及び設定不備により、サービスが利用できない場合、 当社は一切責任を負わない事とします。
4.レッスン開始後に発生した通話ソフトウェアそのものの機能 の不具合について、甲乙どちらによるかに関わらず当社は一切責任を負わないこととします。
5.甲はスカイプの事情により生じたトラブルについては一切責任を負いません。 またスカイプが提供するサービスに関するお問い合わせについては、一切受け付けておりません。

(賠償責任の制限)
第14条
乙は下記に定める事項に起因または関連して生じた一切の損害について、甲が賠償責任を負わないことに同意します。
1.サービスを利用したこと、または利用ができなかったこと
2.乙の送信やデータへの不正アクセスや不正な改変がなされたこと
3.サービス中の第三者による発言、送信や行為
4.サービスの学習効果等
5.乙がレッスン中に伝えた情報に起因するあらゆる損害
6.当サービスの利用に際して、乙が満足な利用が出来なかった場合でも、以下の状況に該当する場合
a)急激な生徒様数の増加、または、グアテマラ側の通信障害発生などによる提供可能レッスン数の急減により、提供レッスン数が一時的に不足している状況
b)希望する時間帯のレッスンが予約できない状況
c)特定の講師のレッスンが予約できない状況
d)グアテマラでの停電・通信障害発生によりレッスンを中止せざるを得ない状況
e)その他甲の責めに帰すべき事由によらない状況
7.その他サービスに関連する事項

(著作権および所有権)
第15条
サービスに関する商標、ロゴマーク、記載等についての著作権、所有権は全て甲に帰属します。 これらを乙が甲に無断で使用することを禁じます。

(準拠法および専属的合意管轄裁判所)
第16条
本規約の準拠法は日本法とします。また、サービスまたは利用規約に関連して 甲と乙の間で生じた紛争については東京地方裁判所を第一審専属管轄裁判所とします。

付則 付則 本規約は2016年1月28日に改訂。

SNSアカウントを利用してカンタン登録!